◆長野市の新築住宅で屋根出しフラッシング煙突を施工しました。

屋根の上は、45度を超す灼熱の中での施工となりました。
中型サイズでも大型並み暖房性能のコンパクトな大画面薪ストーブオーロラM(AURORA Medium)の設置をを予定しています。
開口部をケイカル板で遮熱処理

結露防止加工板を取り付け・二重断熱煙突をルーフサポートでしっかり固定

屋根の峰部分に付き、板金工事の邪魔にならないので断熱二重煙突を増設

結露防止加工済みフラッシング・ストームカラー・丸トップを取り付け雨仕舞処理

屋根出しフラッシング煙突施工終了
フラッシングは、屋根板金工事用に仮止めになっています。

室内側から見た、屋根出しフラッシング煙突