雨漏れの修理を依頼されました。
10月23日の
台風21号で長野県内各地で倒木や土砂の流出がありましたが、煙突から雨が進入したので修理をして欲しいと依頼されました。
今まで、通常の雨では異常が無かったようでした。
現場で確認したところ、室内煙突に雨水が通った跡があり、今回の強い風雨による、背板の部分からの逆浸透が原因でした。
背板を入るだけ入れ背板の上を逆さ水が浸透しないようにファーストフラッシングで雨仕舞いを施しました。
今後、強い風雨に襲われても雨水の進入は防止できます。