薪ストーブのメンテナンス

薪ストーブのメンテナンス

煙突掃除を済ませた後、薪ストーブ本体のメンテナンスを行います。
清掃機種はAlderlea T5 オルダリー ティーファイブです。

スライド煙突を取り外して煙突掃除をします

バッフル板の上に溜まった灰を除去します。

薪ストーブ内部の全ての部材を取り外し、灰を除去します。
灰を残すと湿気を含みサビの原因になります。
部材・耐火レンガなどの変形、破損が無いか点検し、不具合が有る場合は交換します。

内部を清掃後にオイルスプレーで防錆処理をします。

部材・レンガを取り付け、ガラスクリナーで、ドアガラス清掃します。
扉部は、グラスファイバーロープで気密性を保持しています。耐用年数が過ぎたら交換しましょう。

内部清掃後、外部のサビや汚れをハンドブラシで落とします。
変色やサビ跡は補修磨きペーストのストーブポリッシュを塗布します。

 

Follow me!

次の記事

薪の備蓄