暖房方式の違い
ペレットストーブは、暖房方式により暖め方が異なります。
対流熱式

送風ファンを搭載し、室内へ送風することで部屋を暖めます。
本体が熱くなりにくいため、火傷やケガのリスクが低い傾向にあります。
輻射熱式

送風ファンを持たず外装に蓄熱して部屋を暖めます。
蓄熱性が高いため、ストーブを停止させた後もしばらく室内への放熱が続きます。
海外製と国産の違い
海外製と国産では、内部構造や機能面が異なります。
違いを知り、自分に合ったストーブを探しましょう。
海外製
全館暖房を基本に設計しているため、1台あたりの出力は高い傾向にあります。
利便性を追求し、さまざまなセンサー等で制御を行うことで、タイマーや室温を一定に保つ自動運転機能、細やかな出力や風力調整も行うことができます。
国産
個別暖房を基本に設計している為1部屋を暖めることに特化しています。
そのため、高い出力を必要とせず、大きさもコンパクトで狭いスペースにも設置できる傾向があります。