薪ストーブと他の暖房器具の違い

薪ストーブと他の暖房器具の違い

地球上でもっともクリーンな薪ストーブケープコッド

石油ストーブ、ガスストーブ、エアコンは暖房以外の用途は究めて限られています。簡単な操作で暖房するには都合がよくお手軽のため、一般的に普及しています。薪ストーブは、家中暖房できる高い能力を持っていますが、立ち上がりが遅い、薪の準備に多くの労力と場所が必要等の欠点がありますが、他の暖房器具では得られない長所も有ります。(薪ストーブの長所と欠点 は、こちら)

①家族の中心としての役割
心地良い薪ストーブ炎の周りには人が自然に集まる、部屋に閉じこもりがちな子供も、薪ストーブの周りに集まり、家族の会話が多くなります。

②心身の安らぎ効果
薪ストーブの炎は見ていて飽きない、早朝薪ストーブ火入れを楽しみにされているオーナー様が沢山います。炎を見て精神的に癒され、リラックス効果が得られる。

③災害時のインフラとして
災害時、電気・ガス等のインフラが寸断され機能しない時、長期間停電した際に夜間に薪ストーブの炎により最低限の明かりと天板で煮炊きや炉内で焼き物調理が出来、薪ストーブの利用で電気やガスの役割をします。

④調理の楽しみ
炉内の熾火を利用して焼き料理、天板の余熱で煮込み料理はガスや電気では得られない食物本来の味を作ります。友人やお客様のおもてなし料理で、大いに盛り上がります。

⑤温熱効果で健康維持
薪ストーブは輻射熱、遠赤外線で、家中温暖で身体の芯から温まるので、冷え性、睡眠効果、ヒートショック予防などに効果があります。

⑥環境保護に貢献します。
薪など木材燃料は、伐採され、燃やされたとき排出される二酸化炭素が、今度は地球上の植物や植樹された新たな木々が光合成の過程で吸収されるというカーボンニュートラルのサイクルの中にあります。新たなCO2を増やさない、という意味合いにおいて、石油やガソリン、電気などといった化石燃料に比べ、はるかに環境に優しいエネルギーなのです。欧米でも、或いは日本でもそのような環境に敏感な人々が木質燃料に注目しています。

その他のメリット
原木から汗を流し薪造りをされる方は、運動・リフレッシュ効果が期待できます。また、薪つくりや薪ストーブ仲間との交流、共通話題で仲間の輪が広がります。

他にお気づきの点が有りましたら、お気軽に連絡下さい。

[contact-form-7 404 "Not Found"]

Follow me!