こんにちは。
長野県の鋼板製薪ストーブ販売から設置まで、トータルに行っている【プレジール】です。

今回は『薪ストーブの炉内で作るピザの焼きかた』のご紹介です。

①ピザ生地にお好みの具材をトッピング
②スキレットに乗せ薪ストーブの炉内に入れます。
③熾火の多い辺が少し焦げ目が付いたら3分の1ほど廻します。
④再び3分の1ほど廻します。
⑤端の部分の全体に焦げ目が付いてチーズが蕩けたら取り出します。
⑥お好みでオリーブオイル、タバスコ、バジル粉を振っていただきます。

焼き上がりのタイミングが決め手、焦げ過ぎないように炉内の火力調整しましょう
ピザの下にアルミ箔を敷いてスキレットに生地をセットします。
トマトソース、とろけるチーズ、サラミ、バジルソース、コショウをふりかけて、ゴ
トクの上にセットして焼きます。
こんがりと焼き目ついたら、出来上がりです。
皮のグローブを付けてスキレットを薪ストーブから取り出します。
アルミ箔の部分を持てば焼きあがったピザも簡単にお皿に移動できます。
ピザにかけたソースが生地からこぼれても、スキレットを汚さないので後片付けも楽
です。

以上となります。

 

Follow me!