安曇野市A様邸の煙突工事
リホーム中のA様邸の煙突工事は壁出しで施工しました。
貫通部の開口、壁出し煙突の横引き部分は、ドラフトに支障が無いよう原則1m以内にします。

使用部材を施工の順番に用意します。

開口枠にケイ酸カルシウム製メガネ石をセット

煙突支持金具と点検孔付き90°曲がりを取り付けます。

壁に添って直筒を順次繋いでいきます。
壁面固定金具でしっかりと固定支持し、30°曲がりを使いけらばをオフセット屋根上まで伸ばします。
45°曲がりを使ったオフセットをよく見かけますが、メンテナンスが容易な30°曲がりにします。

あr

丸トップを取り付けスレキズが有ったら、補修塗装して野外煙突施工が終了

壁出し煙突の全体を見渡した画像です。