◆薪ストーブ燃焼室のメンテナンス
薪ストーブのメンテナンスと聞くと、煙突掃除と薪ストーブの炉内の灰を処分して、終わりにしている場合がありますが、薪ストーブを効率良く、快適に使うためには、炉内の外せる部材は全て外し、空気の流れを妨げる堆積した煤や灰を煙突掃除の際に綺麗に除去します。
外した部材は、傷や割れが無いかチェックし、不具合がある部品は、早めに交換します。

そのまま、放置すると他の部材まで損傷して修理代が大きくなる事があります。
ブラシや刷毛で大まかに掃除して残った灰は、掃除機の吸い込み口に洗濯機用のホースを接続して吸い込むと簡単で綺麗になります。