上田市E様宅の煙突掃除をしました。
E様は1年前に〔使用している薪ストーブが余り暖かくない〕と言われコストパフォーマンス抜群の最強鋼板製ストーブ、トゥルーノース 20に入れ替えました。
1年ぶりに様子を見ながら煙突掃除をしました。
高い燃焼効率と高出力が実現でき寒さは問題なく〔暖かく過ごせた。〕とのことでした。
薪ストーブユーザーで安心していましたが、煙突掃除をした結果焚き方や煙突の施工に不備があり、改善するよう提案しました。
①充分乾燥した薪を使用する。
②薪を全量購入しているユーザー様で節約のために早く空気を絞ってしまい薪が蒸し焼き状態になっている。
このような焚き方は、効率が悪い焚き方です、完全に薪に火が廻るまでエアーは絞らないでください。
薪を効率よく有効利用できずに熱量損失と大量の煙を出し煙突に煤とタールを付着させます。
③吹き抜け室内部分にシングル煙突と曲がり45度仕様で排煙にブレーキが掛かってしまいます。
室内も二重断熱煙突を使用しましょう。
正しい焚き方をマスターして効率のよい薪ストーブライフを楽しんでください。

煙突トップ部分の煤を金属ブラシでこすり落とした様子、まだ採りきれません。

こびり付いたしつこい煤の塊をバーナーで焼いて剥がれやすくします。

煙突の曲がり部分から出たの煤の状態

直筒部分にも多量の煤が付着しています。