ペレットボイラー P4

受賞歴

ペレットボイラーP4 Pelletシリーズは、ヨーロッパやアメリカで数々の賞を受賞しています。 全てのラインナップは最先端の環境的な技術貢献を評価するドイツのBlue Angel賞とオーストリアのEcolabel賞を受賞しました。


BlueAngel賞は世界で初めての環境基準に照らし合わせた商品やサービスに与えられる賞として始まり、今や消費者の確かな認識と大きな信頼の証としての高い評価を得ている栄誉な賞です。

BlueAngel賞が特に重要視している評価項目
・燃焼効率の高さ
・ヨーロッパで設定される基準より低い排煙・低煤塵レベル
・未加工原料のエネルギー利用による利便性
・機器本体のみですべてを実行する高度な自動化

現代のモダン・ボイラーは、環境基準を満たし経済的であることが求められます。
これらの数々の受賞歴はフローリンがそのような新たなベンチマークを達成していることの証です。
フローリンはヨーロッパ内でも特に環境基準の厳しいオーストリア・ドイツ圏に位置します。
フローリンはオーストリア連邦憲法(B-VG)「Article15」と、ドイツで2010年スタートした最新の排出物規制「BlmSchV」を取得しています。

特徴
戸建から小規模アパート、施設用など幅広い用途に

熱源の選定には、リビングや建物の間取りなど建築方法を見極めることが重要です。
P4シリーズは10種類のサイズがあり、戸建から小規模アパート、施設などのあらゆる需要に応えます。

8・15・20・25kW
イージーアクセスの灰受けボックス

32・38kW
自動取り外し式灰受けボックス

48・60・80・100・105kW
自動取り外し式灰受けボックス

P4シリーズの特徴
① 何層にもなる最高品質の断熱材によって遮熱します。
② 自動クリーニング機能付きの高燃焼効率の熱交換システム「WOS」を標準搭載しており、高燃焼効率を維持します。
③ ラムダトロニックP3200はタッチディスプレイを搭載し、操作性を向上しています。
④ 静音設計のスピード制御付き排煙ファンで、最大限の効果を発揮します。
⑤ ペレットタンクは90~280リッターの大容量サイズになっており、燃料の補給の手間を軽減します。
⑥ 貯蔵量検知器を搭載しています。
⑦ 灰掃除用ドアを断熱式にすることで、放熱による損失を最小限に抑えます。
⑧ 操作が簡単な灰受けボックス(8~25kw)
⑨ 自動取り外し式灰受けボックス(32~105kw)
⑩ フローリンが特許を持つマルチ・パス熱交換システムを搭載しています。
⑪ 自動スライディング・グレートで灰を除去しながら運転し、燃焼の妨げとなるのを防ぎます。
⑫ ペレットゲート検知器を搭載しています。
⑬ 自動点火装置付きで着火に手間がかかりません。
⑭ ペレット吸引サイクロンを搭載しています。

スマートな作業と省スペース設計


•コンパクト・デザイン
•よって設置の選択肢が広がります

フローリンのボイラーは省スペースでの設置が可能です。
コンパクト設計により、子供の遊び場まで確保することもできるのです。
全ての構成パーツは1梱包で輸送されますが、必要に応じて各部で分割し設置場所まで運ぶことができます。
輸送時はコンパクトにまとめることで輸送費を抑え、設置時は分解することで作業効率を高めます。

フローリンが特許を持つマルチ・パス熱交換システムを搭載


•ボイラー機能を最大限引き出す3パス設計です。
•低燃費を実現しました。
•長期にわたり優れた耐久性を維持します。

フローリンが特許を持つマルチ・パス熱交換システムは、燃焼状況に応じて自動的に調整し適切な燃焼条件を維持します。
循環し冷えた水の温度調整も不要なため、ユーザーによる運転操作の手間を省きます。
また、低温燃焼によりボイラーが運転を停止してしまうことを防ぐため、着火・消化の無駄な繰り返しをせず機器の耐久性を著しく伸ばします。
灰の排出は機器に多大な影響を与えます。そのため、3パス構造により排煙状況に応じ道筋を変化させることで、極めて優れた灰分離システムを実現しました。

クリーンな燃焼でメンテナンスを容易に
•クリーンな燃焼を行ないます。
•低排煙&低煤塵です。
•自動灰除去装置を搭載しています。

自動スライディング・グレートがメンテナンスを簡易にし、排出される灰は自動的に2つのアッシュ容器に収納され、そして簡単に処理できます。

優れた熱効率でBlueAngel賞・Ecolabel賞を受賞
•低燃費運転を行います。
•低消費によりコストも大幅に削減できます。

フローリンはP4 Pelletの開発にあたり、特に燃焼効率に力を入れました。
そして、ドイツのBlueAngel賞、オーストリアのEcolabel賞を受賞したことが全てを証明しています。
また、省エネルギー設計により運転コストも低減しました。
静音設計のスピード制御機能付き排煙ファンを搭載しています。


•最適な燃焼条件に自動調整する、静音設計の排煙ファンです。

排煙の負圧を測定して排煙ファンのスピードを制御するシステムはペレットボイラーにとって極めて重要な役割を担います。
P4 Pelletシリーズは、ブロードバンド・ラムダセンサーが常に最適な条件で運転するよう自動調整します。
燃焼用空気の取り込みシステム


•高気密住宅にも対応する、燃焼用空気の独立ダクト引き込みシステム

従来のボイラーは燃焼用空気を取入れ口から熱の損失があります。
現在は高気密住宅が増えている住宅事情も考慮し、P4 Pelletは燃焼用空気の取り込みに独立したエアーダクトを設け直接繋げることで、機器の密閉性を高めあらゆる損失を最小限に抑えています。
また、事前に燃焼用空気を暖めることで更に燃焼効率を高めています。
包括的な安全機能


•2重ドアの安全装置でより安全性を高めています。

機器は安全テスト機能を搭載し、加えて燃焼室とペレットの貯蔵室を仕切る二重ドアにゲート検知機能を搭載しているため、より安全性を高めています。
理想的なペレットコンテナーの設置ができます。


•オールインワンシステムで、全ての機能を1箇所にまとめます。
•それぞれのパーツが結合可能です。

機器と別にペレット貯蔵用コンテナーを設置する場合も、フローリンのオールインワンシステムにより全てのパーツをシステム内で構築、設置することができます。
最新制御システム、ラムダトロニックS3200


•ブロードバンドのラムダ制御システムを搭載しています。
•ディスプレーユニットは、角度可変の、大きく見やすい構造になっています。
•離れた部屋へ操作パネルを設置できるため、リビングなどからボイラーの運転や 操作が可能です。(オプション)

フローリンは世界で始めてボイラーにラムダ制御システムを取入れ、その後のボイラー業界に大きな影響を与えました。
今や高性能ボイラーに定番となっているラムダ制御システムは、計測されたデータをもとに燃焼を制御し、適切な状態を維持するためのシステムで、自動車にも使用されています。
S3200ラムダ制御システムにより、ラムダ制御に「より精密な燃焼」という概念を加え、角度可変構造によるディスプレイパネルにより、あらゆるユーザーの視覚性を確保します。
操作は易しく、主要な操作にはシンプルなボタン式を採用しています。

フローリンの通信システムにより、操作パネルを様々な場所に設置し遠隔操作をすることが可能になりました。ボイラー部・タンク部、リビング、別の建物など、通信ケーブルを設置することで好きな場所でボイラーを操作することができます。
サイロバッグ・ディスチャージ・システム

シンプルで、配置や設置も柔軟性のあるシステムです。サイロバッグは1.6~7.4トンまで7種類のサイズから選ぶことができます。
組立が簡単で、屋根や囲いを作れば屋外での設置も可能です。
ペレット・モール

フローリンのペレット・モール(ペレットの送り込み装置)は、設置が簡単で自動的にペレット上を動き、偏りなくペレットを上から使用できます。
ペレット貯蔵ボックス

ペレットの貯蔵に十分なスペースが確保できない場合は、小さなスペースで設置できる貯蔵ボックスを使用します。
ボイラー設置の後付けも可能で、ペレットの自動送り込みができます。

ユニバーサル・サクション・システム

大規模なペレットの送り込みシステムです。出力が大きな施設などに用いられるボイラーは、ペレットの貯蔵も規模を必要とします。より大規模なペレットの送り込みシステムの設置が簡単で柔軟性が高く、ペレットの残量センサーはそれぞれ環境やシステム状況に応じて、好きな場所に設置できます。

サクション・スクリュー・システム

長方形の室内にボイラーとペレット貯蔵部屋を設置するのに理想的な方法で、フロント部からペレットを送り込みます。
水平に設置されたスクリューが、下部からペレット吸引し機器へ送り込みます。そのため、隅々まで無駄なくペレットを使いきることができます。

1-2-3 サクション・スクリュー・システム

広いペレット貯蔵部屋を持つ空間での理想的な方法です。ペレット貯蔵室を3つに分け、貯蔵室ごとにスクリューを設置しペレットを送り込みます。空間サイズによって3本のスクリューのうち2本を平行置きにします。
自動スクリュー稼働スイッチにより、送り込みを開始するスクリューを選択し、どの貯蔵室も平均的にペレットが減っていくよう制御します。

接続例
理想的なエネルギー燃焼 / 消費を達成するためのシステム設計


・知識のあるフローリンの施工代理店が、常にユーザーの環境・要望に合ったプランをご提案します。
・総合的な主要部材を考慮したシステムとしてのボイラーのご提案
・ソーラーによる蓄熱装置のご提案(オプション)

仕様一覧

バイオマスボイラー専門メーカ フローリン社

木質バイオマスボイラーの詳細は、下記の事項をご参照ください。
輸入ボイラーの優位性
ヨーロッパでのバイオマス事情
日本のエネルギー事情とバイオマス
バイオマスボイラー Q&A
バイオマスボイラーはこちら

お問い合わせはこちらからお気軽に!

送信内容はこれでよろしいでしょうか?よろしければチェックを付けて送信ボタンを押してください。

Follow me!