薪ストーブの外気導入

換気シャター                                    外気導入キット

◆外気導入キット・換気シャターを取り付ける。これで煙の逆流は、解消できる?
薪ストーブに外気導入や換気シャターを取り付けて外気をダイレクトに取り入れ燃焼させる方式です。
外気導入方式を採用すれば室内が負圧の影響を受けずに煙が逆流しないと思いがちですが、
近頃の新築住宅では、機密性が良いため、換気扇を回すと負圧になり、薪ストーブの隙間から煙が
室内へと逆流する場合があります。
外気導入や換気シャター方式でも負圧の影響を受ける場合があります。
外気導入や換気シャターををつけても、換気等をして、室内の負圧を適切コントロールしましょう。

◆外気導入を付け部屋に穴を開けると、部屋が寒くなる?
外気導入や換気シャターから取り込まれた空気は薪ストーブ流入します。換気シャターの取り付け部分では、冷たい外気が薪ストーブに向かって流れているのを感じますが、この外気を部屋で冷気として感じることはありません。
薪ストーブの燃焼により煙が排出される分だけ、燃焼用の空気が必要になます。
外気導入をしないと室内の空気を吸い込み、隙間から薪ストーブへ向けての冷たい空気の流れでき、不快な隙間風が発生します。
隙間風の防止・換気扇の負圧で生じる煙の逆流を防ぐためにも、外気導入や換気シャターを設置しましょう。

◆古い既存住宅やログハウスは隙間があり、薪ストーブ用に外気穴を開けなくても良い?
薪ストーブの燃焼により煙が屋外に抜けていく分だけ、薪ストーブは燃焼し、空気を吸い込みます。
外気導入をしないと、部屋の隙間から薪ストーブに向かっての冷たい隙間風の流れが発生し不快な隙間風となります。
不快な隙間風を少なくするには、薪ストーブの近くの外気導入や換気シャターから薪ストーブへ向かって空気が流れを作り、不愉快な思いを解消できます。
古い既存住宅やログハウスも外気導入や換気シャターをつけた方が隙間風防止に有効です。