薪ストーブの溜まり過ぎた、灰の取り方

◆薪ストーブの溜まり過ぎた、灰の取り方

薪ストーブを焚き続けているとやがて炉内に灰が少しづつ溜まって一杯になりフロントドアから溢れ出したり、薪を入れる空きスペースが少なくなったり、機種によっては空気の流入を妨げたりします。
この様な状態を改善するため灰が溜まり過ぎた場合に余分な灰を取り出しますが全ての灰を取り出さずに1~2センチ程度残しておきます。
残して置くのは、灰により火持ちが良くなり、保温効果も期待出来るからです。

薪を入れる前に灰を回収し炉内に1~2センチ残る量にします、必ず薪ストーブ用のグローブを付け火傷に注意!

スコップを使い、金属製の容器に回収

灰を取り出し後、灰の中に埋もれた熾火を寄せ集めて、空気をレバーを全開にすると熾火が育ちます。

追加薪を投入

熾火により、焚きつけが簡単に出来ます。

取り出した灰は、付近に燃えるものが無い野外で2日ほど放置して残り火がない事を確認して、草木灰として花壇や畑に利用出来ます。

Follow me!