◆ボロボロになったガスケットロープを交換しました。
ガスケットロープが劣化するとエアーの調節が出来なくなり、激しく燃焼します。
薪が無駄になるばかりでなく、炉内の温度が必要以上に高温になり、機種によっては部品が損傷する事があります。
薪ストーブシーズン中にガスケットロープが破損すると、薪ストーブ店が直ぐに駆けつけると良いのですが、実際は何日か寒い日を過ごすことになります。
シーズンに入る前か煙突掃除の際にガスケットロープも定期的にチェックするようにしましょう。
ガスケットロープのチェック方法
ドアにコピー用紙くらいの厚みの紙を挟み簡単に引き抜けるようになったら、エアーの調節に不具合が発生し交換の時期です。
早めに交換して快適な薪ストーブライフをお愉しみください。

 

Follow me!