◆シングル煙突による排煙障害と不完全工事の実例
上田市のユ―ザー様より、他店で設置の薪ストーブから室内に煙が溢れ出し、煙と匂いで薪ストーブが使えないとSOS
この時期に主暖房の薪ストーブがダウンすると、一般的な薪ストーブユーザーは、他の暖房器具はなしか補助的な小さな器具しかなく、
寒冷地の長野県では、かなり悲惨な状況です。
急いで処理が必要のない作業を後回しにして復旧作業に行きました。

使用中の薪を点検しましたが、乾燥薪で問題はありませんが、シングル煙突による急激な温度低下により、煙突全体に煤とタールが付着しています。
特にトップ部分は鳥避けの網もあり、完全に目詰まりしています。

瓦用フラッシングに鉛を使用により、雨漏り修理で山盛りのコーキングとルーフサポートの支持がなく、コーキングだけで固定されています、
グラグラ状態で、強風でいつ倒れても可笑しくない煙突でした。
ユーザー様に二重断熱煙突での改修工事を提案しました。

Follow me!