◆1年に一度は、薪ストーブの煙突掃除を行いましょう。
薪ストーブの本格使用シーズンを前に煙突掃除をしましょう。
煙突掃除をしないまま焚き続けると、大変危険な煙道火災や薪ストーブを使用中に煙突が詰まって寒い時期に、使用出来ないなど、快適に薪ストーブライフが出来なくなる事があります。
特に主暖房を薪ストーブに依存しているユーザー様は、年1回の煙突掃除を行うことにより、煤やタールの付いている状況で薪ストーブの焚き方の良し悪しが判断できます。
もし、煙突内から手のひら1杯以上煤が落ちてきたときは、焚き方が悪いか、薪の乾燥が不十分です。
出来るようでしたら、安全を確保して、ご自分で煙突掃除を行ってください。
少しでも危険だと思ったら、薪ストーブ専門店に依頼しましょう。
悪い点を改善して、快適な薪ストーブライフをお楽しみください。
安全、簡単に室内から煙突掃除が出来る。電動煙突ブラシは、こちら