◆大町市O様にパシフィックエナジー社のトゥルーノース 20を設置しました。
煙突の配管ルートが厳しい現場でした。
二階の屋根はソーラーパネルが乗っていて、煙突を出せません。
煙突が出せる場所から薪ストーブまでの芯ズレが170㎝あります。
排煙にストレスが掛からないよう30度曲がりを使って、スムーズにドラフトを確保します。

室内で使用する部材

高さを確保しメンテナンスが容易に出来るようチムニー方式を採用しました。

天井の開口部分。

天井から30度煙突使用により薪ストーブ口元までピンポイントで到達しました。
残りの部分はスライド煙突によりメンテナンスが簡単にできます。