10/17パシフィックエナジー社、西日本販売店ミーティングが瑞浪市で開催されました。
今年も、販売絶好調のパシフィックエナジー社のミーティングが総輸入元グリーンフッド主催により開催されました。
パシフィックエナジー社国際セールスマネジャー イアン・メンズィース氏の製品開発コンセプトや特徴の説明の後に、各店からの質疑応答が行われました。
北米市場の販売は、Alderlea  オルダリーシリーズ True North トゥルーノース 20Neo(ネオ)シリーズが好調とのことです。
好調な理由は、以前ご紹介した。north to southと呼ばれる、縦置きで45cmの薪が投入できることです。
薪の縦置きは、使用して解りますが、大変楽に薪を扱えます。
また、2020年から施工される、アメリカ環境保護庁によるEPA規制値2.0g/hをいずれも、クリアーしていることも心強いコメントでした。

開催を知らせる、パンフレット

True North トゥルーノース 20を説明するイアン氏

Neo(ネオ)シリーズの前でイアン氏と記念撮影(左のストーブは、ストーン2.5・右は、Neo(ネオ)1.6)