煙突の移設

◆煙突の移設
小諸市別荘地内の薪ストーブと煙突の移設依頼されました。
移設はシングル煙突横引き仕様で薪ストーブ本来の能力が引き出せない為です。

使用部材を倉庫から積み込み出発

シングル煙突とスパイラル管を使ったオーナー様による、DIYの煙突が設置されています。

家の中央部に移設する。ハースストーン社製フェニックスブラウン(エナメル)寒冷地向けの大型ストーブです。

新規移設場所から煙突の芯出しをします。

天井部分の開口 天井裏が1800mmほどありドラフト力は充分です。

コロニアル材の屋根を開口します。

ストーブ本体口元までの長さを確認

垂木に釘下地を取り付けルーフサポートをしっかり固定します。
煙突の全重量を支える重要な作業です。
天井裏で煙突の触れ止め加工と垂直確認をします。

20年耐候性がある、ファストフラッシュを使用した雨仕舞いと結露防止加工

新旧の煙突 横引きシングル煙突から屋根出し二重断熱煙突に変更しました。
二重断熱煙突による効果が期待できます。

オーナー様自作の炉台が出来ました。
薪ストーブ本体を移設後試験焚きをしました、期待通りにドラフト力が格段に増しました。

Follow me!